【年収300万円】庶民が中古でBMWを買うための5つのポイント

【ポイントその5】購入後のメンテナンスこそしっかり面倒を見てくれるお店を選ぶべし!

私は中古でBMWを買う前に、何軒もの中古のBMWを販売しているお店を訪れて、いろんなことを見聞きして巡りました。

その結果、中古のBMWを販売しているお店(ディーラーは除く)は大きく分けて2つに分類できることに気が付きました。

  1. 日本車の中に輸入車がポツリと置かれているような自動車販売店
  2. 自社メンテナンス工場がある輸入車専門店

ここで注意しなければならないのは、日本車がずら~っと並んでいる中に中古のBMWがポツリあるという自動車屋さんのケースです。

そのような日本車の中に輸入車がポツリというお店は、たまたま輸入車が転がり込んできた(下取りなど)わけなので、そのお店に輸入車の修理やメンテナンスに対する知識がないケースが多いようなのです。

実際に私が、「購入後のメンテナンスはどうして行けばいいのか?」と聞くと、「近くにBMWの正規ディーラーがありますので、そこを紹介しますよ!」という答え。

先ほどもお話した通り、輸入車の正規ディーラーはお金持ちを相手に商売をしている訳なので、結局そういうところにメンテナンスを頼むことになってしまうようなお店からは購入しない方がベターです。

私が中古でBMWを購入したのは、2の輸入車専門店でした。

輸入車専門店というと、少し敷居が高い気がしてしまいますが、輸入車専門店にもいろんなお店があって、私達のような庶民を相手に商売しているところもあります。

そのような輸入車専門店の見分け方のポイントは以下の3つ。

  1. お店に並んでいる中古輸入車が安い(外車のプレミア上乗せ価格ではない)
  2. 販売のことより、購入後のメンテナンスのことを一番に考えて接客している
  3. お店の常連が私達と同じ庶民である(笑)

1.お店に並んでいる中古輸入車が安い(外車のプレミア上乗せ価格ではない)

1については、外車は中古になっても高級車というイメージがあるので、そのイメージの分だけプレミアム価格を上乗せして販売することができるわけなのですが、それをせず、なるべく価格を抑えてた車が店頭に並んでいるところを選ぶ方が良いでしょう。

店頭に並んでいる車の値段にプレミア価格が上乗せされているかどうかは、その輸入車専門店のお店の立派さを見れば一目瞭然です。

いい立地、かつおしゃれな建物といった立派なお店を持つためには、その分儲けなければならない、つまりどうにかしてお客さんからたくさんお金を受け取らなければならないわけなので、その分をプレミアム価格で上乗せしている可能性があります。

まぁ、あくまでも外見は参考レベルではありますが、庶民が入りずらそうな高級な雰囲気をかもし出しているところは、避けた方が良いでしょう。

2.販売のことより、購入後のメンテナンスのことを一番に考えて接客している

次は2についてですが、「販売のことより、購入後のメンテナンスのことを一番に考えて接客している」ということは、庶民が中古の輸入車を買った場合、購入時よりもその後の維持メンテナンスのところが大変になるということをしっかり認識しているからです。

特に私が中古でBMWを購入した輸入車専門店は、BMWを中心に扱っている(BMWに関しては自信を持って販売している)ところで、部品取り車を2~3台ストックしていたりもしています。

その理由は、BMWの部品を本国から取り寄せる場合、結構値段が高くなってしまうわけなのですが、中古でも使える部品なら部品取り車から取って修理費を安くしたりもできます。

それ以外にも、BMWのリビルト部品の仕入れルートを持っているとか、どうすれば修理費を安く済ますことができるか、例えば、「3つ部品を変えれば100%直るんだけど、1つだけ交換してそれで直るかやってみますか?」など、私達庶民にとって一番の心配な修理やメンテナンスといった点について、力説してくれるお店を選ぶ方が心強いでしょう。

そのような輸入車専門店は、自社でメンテナンス工場を持っていることが多いので、その辺りのことを事前に確認しておくと良いでしょう。

3.お店の常連が私達と同じ庶民である(笑)

そして、肝心なのが3つ目です。

そのお店の常連さんが庶民かどうかというのもチェックしておくと、より安心です。

輸入車専門店には、一般的な日本車の自動車販売店よりも、常連さんがいることが多く、その常連さんたちは同じ輸入車専門店で何台も車を乗り継いでいます。

そこにいる人達が、見た感じで私達と同じ庶民のにおいがしていれば、べらぼうに高い維持費を請求されているわけではないことを証明してくれるわけですので、より安心ですね(笑)

実際に、年収300万円の庶民の私が、必死に情報収集&お店巡りをして、中古のBMWを購入する際にお世話になったお店がこちらです。

BMWの専門店

出典)欧州車の修理・中古車販売専門店Rise

何度か下見に行ったり、オーナーの話を聞いたりして、最終的にこちらのお店で実際に購入した車がこちら。

庶民が中古でBMWを買う

BMW3シリーズ(E46)の330Ciで車外パーツがたくさん付いていて、総額130万円という破格の安さでした。

こちらのお店は、自動車を販売することと、輸入車のメンテナンスサービスの両方に力を入れていたり、オーナーや従業員の方の人柄が良かったりなど、この車を購入するだけではなく、これからの車の維持メンテナンスでもお互いに良い関係を築いていけると感じ、このお店でこの車を購入することに決めました。

実際に、私が事故にあってしまったりしたときも、他県まで事故した車を引き取りに来てくれたり、その後のフォローまでしっかり対応してくれ、やっぱりこのお店に決めてよかったなぁと思いました。

このお店はメンテナンスサービスにも力を入れていますので、もし「輸入車を買ったはいいけど修理やメンテナンスで困っていることがある・・・。」などという人は、ここで車を買ったわけではなくても、一度このお店で相談してみると、何かいい解決策が見つかるかもしれませんよ。

次のページでは、中古でBMWを買う際によく質問されることについてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました