【簡単ツライチ化】20mmのホイールスペーサーを取り付ける方法(BMW編)

ホイールスペーサーの選び方

まずはじめにお話しておきたいことは、ホイールスペーサーの選び方についてです。

ホイールスペーサーを選ぶ上で特に重要なことは以下の二つ。

  1. ハブ付きの形状をしているかどうか?
  2. ロングボルトが付属しているかどうか?

1.ハブ付きの形状をしているかどうか?

まず、1のハブ付きの形状とは、ホイールスペーサーが平ぺったい形ではなく、以下のようにハブの部分(中心部分)が凸しているようなもののことを言います。

ハブリングが一体となったスペーサー

このような形状をしていないものの場合、タイヤを取り付ける際にタイヤのセンターと車軸のセンターがずれてしまい、高速走行などをする際にハンドルがブルブル震えてしまうという現象が発生してしまいます。

最近では、極端に薄いホイールスペーサーでなければ、比較的安い価格でハブ付きの形状をしたホイールスペーサーも購入できるようになってきていますので、そのようなものを選ぶようにしましょう。

2.ロングハブボルトが付属しているかどうか?

BMWツライチ化のホイールスペーサー

ハブスペーサーを車軸に取り付け、その上からホイールを取り付ける際に、これまでと同じボルトを使ってしまうと、ボルトを締付けられる回転数(ちゃんと引っ掛かるねじ山の数)が少なくなってしまいます。

日本車の場合、ハブボルトがハブに固定されているためホイールスペーサーを装着する際に、ハブボルトを交換するという大変な作業をしなければならなくなります。

ホイールスペーサーを取り付ける前のハブ

ですが、BMWのような欧州車の場合、ハブ側はメスのネジ穴になっているため、ホイールスペーサーを装着する場合は、ロングボルトを準備するだけでOK。

20mmロング化したボルト

今回の場合、20mmのホイールスペーサーを装着するので、黒色の純正ボルトより20mm長いロングボルトを購入しました。

私が購入したホイールスペーサーはこのロングボルトもセットになっているもので、価格は2枚セットで約10000円ぐらい。

出典)【送料無料】BMW Z4M E85 BMW用ワイドトレッドスペーサー&ボルトセット 20mm/PCD120/P1.5|楽天市場

今回は前後4輪とも20mm程タイヤを外側に出したかったので、全部で4輪分のホイールスペーサーを購入しました。

次のページでは、ホイールスペーサーの取り付け方についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました