BMWのオイル交換方法をメーターのリセットまで徹底解説

【STEP1】暖機運転を20~30分する

BMWなどの車に使われているオイルは、エコカーなどに使われているものと違ってサラサラなオイルではなく、とてもねっとりしたオイルを使用しています。

オイルチェンジャーの仕様書にも書かれていますが、暖機運転をしてオイルを温めておかないと、オイルを抜き取るのにものすごく時間がかかってしまったりしますので、特に冬場の寒い時期にオイル交換する場合は20~30分ほど暖機運転をさせ、十分にエンジン(オイル)を温めてから作業を開始していきましょう。

オイルチェンジャーのオイル吐出量

【STEP2】オイルチェンジャーの吸込側のホースをセットする

オイルチェンジャーを箱から取り出し、説明書に従って吸入側のホースを組み立てていきます。

オイル交換に使ったホームセンターのオイルチェンジャー

オイルチェンジャーを箱から取り出す

吸入側のホースを組み立てていきます。

吸入側のホースのキャップ

吸入側のホースのキャップを取り外した後

吸入側のホースを差し込む

ここで吸入側のホースをレベルゲージが入っていたパイプに差し込んでいきます。

BMWのレベルゲージがある場所

オイルレベルゲージにオイルチェンジャーのホースを差し込む

【STEP3】オイルチェンジャーの吐出側のホースをセットする

続いては、オイルチェンジャーの吐出側のホースをセットしていきます。

オイルチェンジャーの吐出側

吐出側のキャップを外す

吐出し側のホースを差し込む

吐出側のホースの反対はオイル処理パックにクリップを使って固定しておきます。

吐出ホースをクリップで固定

クリップを使って固定しておくことで、オイルの勢いで吐出ホースが暴れてオイルが飛び散ってしまうことを防止できます。

次のページでは、BMWのオイル交換STEP4~5についてお話していきます。