BMW(E46、E85)のロアコンブッシュを自分で交換する方法

【STEP4】ロアコンブッシュをギアプーリーで引き抜く

次はいよいよロアコンブッシュをロアアームから引き抜く工程です。

BMWのロアコンブッシュを自分でDIY交換する方法

こんな感じでロアコンブッシュにギアプーリーを取り付け、ギアプーリーのボルトをレンチなどで締め付けながらロアコンブッシュを引き抜いていきます。

すると、まずロアコンブッシュの外側部分だけが外れ、内側のゴム部はロアアームに残ります。

ロアコンブッシュの内側だけがロアアームに残る

外れたロアコンブッシュの外側

ロアアームに残ったロアラブッシュのゴム部は、再度ギアプーリーを使って引き抜いていきます。

ロアコンブッシュの内側ゴム部をギアプーリーで引き抜く

ロアラブッシュが完全に外れると、こんな感じのロアアームの先端が見えてきます。

BMWのロアコンブッシュをロアアームから取り外した状態

取り外したロアラブッシュ(右)はこんな感じで、新品のロアラブッシュ(左)と比較すると、ゴム部が固くなっている事がよくわかります。

BMWロアコンブッシュの新旧比較

【STEP5】新しいロアコンブッシュを挿入する

次は、ロアアームに新しいロアコンブッシュを挿入してく工程です。

まずはじめに、ロアアームを挿入しやすくするために、ロアアームの先端部にゴムに悪影響を与えない中性洗剤やシリコングリスなどを塗布しておきます。

ロアアームの先端にシリコングリスを塗布する

後はロアアームの穴を利用して、当て木をうまく使いながらロアコンブッシュを目印の位置まで挿入していきます。

F型クランプを使ってロアコンブッシュを挿入する

目印の位置までロアコンブッシュを挿入する

ロアラブッシュは一度挿入してしまうと取り外すのが大変ですので、挿入する向きに注意してくださいね。

【STEP6】ロアコンブッシュを固定する

ロアコンブッシュを固定する

後はロアコンブッシュをボルトで固定していきます。

ロアコンブッシュのボルトの締付けトルクは約60Nmとなっていますが、車種ごとに異なる可能性がありますので、サービスマニュアルを参照するか、事前にディーラーなどに問い合わせておくと良いでしょう。

反対側のロアコンブッシュも同じような手順で交換し、最後にアンダーカバーをもとに戻せばロアコンブッシュの交換作業は完了です。

最後に一言

今回は、BMW(E46、E85)のロアコンブッシュを自分でDIY交換する方法についてお話しました。

節約&実験のためにあえて安物のロアコンブッシュを購入して取り付けましたが、ちゃんと取り付けることができましたし、ブレーキング初期のカクっとくる振動はなくなり、ハンドリングの感覚もかなり良くなりました。

後はどの程度耐久性があるかどうかなど、今後も経過観察していく必要はありますが、このような安物でも十分だという印象ですので、ロアコンブッシュを交換する際の参考にしてみてください。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました