BMWのフロントアッパーマウントを自分で交換する方法(E85、Z4編)

【STEP5】サスペンションを分解する

次は、取り外したサスペンションを分解してきます。

まず、サスペンションのスプリングをスプリングコンプレッサーで締め付けていきましょう。

スプリング圧縮前

BMWのアッパーマウントを交換するためにスプリングコンプレッサー

次に、サスペンション上部にある21mmのナットを緩めていきます。

サスペンション上部のナット1

サスペンション上部のナットを緩める2

すると、「バンッ!」という音がして、こんな感じでサスペンションがバラバラになります。

BMWサスペンションがバラバラになる

取り外したバンプラバーをよく見てみると、こんな感じに劣化してしまっていて、軽く触っただけでボロボロと崩れてしまうような状態でした。

劣化したBMWのバンプラバー

BMWアッパーマウントの新旧比較

アッパーマウントの方は見た感じゴム部のヒビ割れや、ベアリング部などのガタも少なく、新しいもの(左側)に比べて古い方(右側)は若干ゴムが固くなっているような感じだけだったので、もう少し使っていても良かったのかなぁという感じでした。

【STEP6】サスペンションを組み直す

次は新しいアッパーマウントとバンプラバーを使ってサスペンションを組み直していきます。

まず、最初の方でもお話したように、今回はE85(Z4)純正ではなくE46のバンプラバーを購入しているので、もともと装着されていたバンプラバーに合わせて新品のバンプラバーをカットしていきます。

新旧バンプラバーの比較

バンプラバーをハサミでカット

装着前のバンプラバー

これでバンプラバーは準備OKです。

次はスプリングコンプレッサーとPPバンド(3~4本程度)を使ってスプリングを可能な限り圧縮していきます。

スプリングコンプレッサーとPPバンドでバネを圧縮する

圧縮が完了したらゆっくりとスプリングコンプレッサーを外し、PPバンドのみの状態にしていきます。

PPバンドを使ってスプリングを圧縮する

この状態でサスペンションを組み立てていき、一番上のナット(21mm)を軽く締め付けて止めておきます。

サスペンションの組み立て方

BMWのサスペンションを組み上げたところ

ここでPPバンドの役目は終了ですので、ハサミなどでカット(バンッ!という音がする)して、外しておきましょう。

PPバンドをハサミでカットする

PPバンドを取り外す

スプリング圧縮前

あとは、逆の手順でサスペンションを組み上げていき、元通りにすればOKです。

各部のボルトやナットの締付けトルクについては、車種によって値が異なることが有りますので、ディーラーやカスタマーサポートに問い合わせるなどしてご自身で管理してくださいね。

最後に一言

今回は、BMWのフロントアッパーマウントを自分でDIY交換する方法(E85、Z4編)についてお話しました。

フロントアッパーマウントを交換した後の走行では、若干乗り心地が改善した感じを受けました。

劇的に乗り心地が改善するというレベルではありませんが、いずれ交換しなければならないパーツだったのでこれで良しとしましょう。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました