BMWのフロントアッパーマウントを自分で交換する方法(E85、Z4編)

【必要なものその4】ソケットレンチ(13、16、18、21mm)&薄型モンキー

BMWのサスペンションは2箇所で固定されている

BMWのサスペンションは2箇所のボルトで固定されています。

上部のボルトは16mmで、裏側は薄型のモンキーなどを使ってまわり止めしながらボルトを緩める必要があります。

16mmのソケットレンチと薄型モンキーで緩める

ホームセンターで購入した薄型モンキー

また、サスペンション下側のボルトは18mmのソケットレンチで緩めることが出来ます。

18mmのソケットレンチでBMWのボルトを緩める

サスペンションの上部(ボンネットの中)は13mmのナット(3箇所)で固定されていますので、13mmのソケットも準備しておいてください。

BMWサスペンションの上部は13mmのナットで固定

なお、サスペンションを取り外した後、サスペンションを分解するためにアッパーマウント内部にある21mmのボルトを緩める必要があります。

BMWのアッパーマウントを自分でDIY交換する方法(E85、Z4編)

【必要なものその5】スプリングコンプレッサー

サスペンションを分解する際に、スプリングコンプレッサーと呼ばれる道具を使ってスプリングを圧縮します。

スプリング圧縮前

BMWのアッパーマウントを交換するためにスプリングコンプレッサー

スプリングコンプレッサーは、ホームセンターなどで約4000円ほどで購入することが出来ます。

BMWのアッパーマウント交換で使ったスプリングコンプレッサー

スプリングコンプレッサーは、フロントアッパーマウント交換後も、リアサスペンションのメンテナンスでも使いますので、これを期に購入しておくと良いでしょう。

【必要なものその6】PPバンド

サスペンションを組み上げる際にスプリングを締め上げるのに使うのが、先ほど紹介したスプリングコンプレッサーとPPバンドです。

BMWのアッパーマウント交換で使用するPPバンド

以下のような感じでスプリングコンプレッサーとPPバンドを使ってスプリングを締め上げ、スプリングコンプレッサーを外した状態でサスペンションを組み上げます。

スプリングコンプレッサーとPPバンドでバネを圧縮する

PPバンドを使ってスプリングを圧縮する

BMWのサスペンションを組み上げたところ

このPPバンドがないとサスペンションを組み上げるのに相当苦労することになると思いますので、事前にホームセンターなどで入手しておきましょう。

次のページでは、アッパーマウント&バンプラバーの具体的な交換手順についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました