BMWのフロントアッパーマウントを自分で交換する方法(E85、Z4編)

アッパーマウント交換に必要なものについて

まずはじめに、アッパーマウント交換に必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】アッパーマウントおよびバンプラバー

BMWのアッパーマウントとバンプラバーを自分で交換する方法

まずはじめに必要なものは、交換する予定のアッパーマウントとバンプラバーです。

BMW車の場合、スピードジャパンと呼ばれる通販サイトで自分の車に適合したパーツを注文することが出来ます。

はじめにスピードジャパンのサイトを開き、車検証などに記載されている車体番号の下七桁を入力し、検索をクリックします。

bmwのワイパーリレーを購入するために「イラストを見ながら依頼する」をクリック

すると、以下のように自分の車の種類が自動選択されますので、内容を確認して「パーツを見る」をクリックしましょう。

BMWのワイパーリレーを交換するために部品を注文

その後、イラストを見ながら、「フロントアクスル」→「サポートB/Gスプリングパッド/取付部品」とパーツ絞り込んでいくと、以下のような画面にたどり着きます。

BMWのフロントアッパーマウントをDIY交換するためにパーツ注文

後はイラストを見ながらパーツを選択し、見積もりボタンをクリックしていきましょう。

ちなみに、私のZ4はMスポーツ仕様なので、バンプラバー(補助ダンパー)は2種類のうち下の方を選択しました。

あとは指示に従って見積もりを依頼し、後ほど送られてくる見積もりメールに「注文します」という内容を返信すれば、1~2日後にはパーツが送られてきます。

BMWのアッパーマウントとバンプラバーを自分で交換する方法

ただ、今回のケースではZ4(E85)のバンプラバーが欠品(本国メーカー取り寄せ)とのことでしたので、今回は在庫のあるE46のバンプラバーを流用(同じ長さになるようにカット)することにしました。

パーツ代は上記の内容で約15000円ほど。

こんな感じで通販で簡単にパーツを手に入れることができますので、参考にしてみてください。

【必要なものその2】ジャッキ2個

アッパーマウントを交換するためには、車体を持ち上げるジャッキとサスペンションをはずした後にブレーキまわりを保持するためのジャッキが必要になります。

ロアアームの下からサスペンションを押し上げる

タイヤ交換などをする際に使うようなジャッキで良いので、とりあえず2つジャッキを準備しておきましょう。

【必要なものその3】トルクレンチ&17mmソケット

トルクレンチ

サスペンションを脱着の作業スペースを確保するため、これらの道具を使ってタイヤを脱着する必要があります。

BMWのリアタイヤをトルクレンチで取り外す

BMW車は17mmのホイールボルトが使われていますので、そのサイズのソケットも準備しておきましょう。

次のページでは、BMWのアッパーマウント交換に必要な物4~6についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました