BMWのエンジンマウントを自分でDIY交換する方法(E85、E46など)

【STEP1】ナットにKURE5-56を吹き付ける

KURE556でエンジンマウントのナットを緩める

まずはじめにやっておくことは、エンジンマウント交換する前日に、エンジンマウントの上側のナットに油を差しておくことです。

エンジンマウントのナットは取り付けられてから数年間経過しているため、サビなどで固着していることが多く、無理やり力をかけてナットを外そうとして、ナットをなめてしまうことがあります。

それを未然に防ぐという意味からも、楽に作業を進めるという意味からも、作業を始める前の日にナットに油をさしておきましょう。

【STEP2】車をジャッキアップする

車をジャッキアップしウマをかける

エンジンマウント交換作業を行う当日、一番初めにやることは、車の前2輪をジャッキアップすることです。

エンジンマウントの上側のナットはボンネットを開けて上側から取り外すことができますが、下側のナットは車の下側から出ないと取り外すことができません。

車の下にもぐりこんで作業するのは、とても危険なことなのでジャッキで持ち上げるだけではなく、後タイヤに車止めを設置し、その後ジャッキスタンドを用いて車を固定、更にタイヤなどを車の下に入れ、万が一車が落ちてきても体が助かるように安全を確保しましょう。

もし、この時点で少しでも不安がある場合は、安全のため作業を中断し、プロにまかせるようにしてください。

自分の体を守ることが第一優先ですよ。

【STEP3】エンジンマウントの上側のナットを取り外す

BMWのエンジンマウントの上側のナットを取り外す

次に、エンジンマウントの上側にあるナット(16mm)を取り外していきます。

ナットの位置はエンジン脇の下奥側にあります。

エンジンマウントの上側のナット(16mm)を取り外す2

先ほど紹介したラチェットレンチ(固い場合は柄の長いトルクレンチなど)を使って、エンジンマウントのナットを緩めます。

ナットが十分に緩んだら、その狭い隙間に手を差し込んでナットを取り出しましょう。

次のページでは、BMWのエンジンマウントの交換手順STEP4~6についてお話していきます。