BMWのブレーキパッドとディスクローターを交換する方法

【STEP4】キャリパーの後ろの六角ボルト(7mm、2ヶ所)を緩める

次は、キャリパーの後ろにある六角ボルトを緩めていきましょう。

まず、六角ボルトをカバーしているプラスチック製のカバーを取り外していきます。

BMWのブレーキキャリパーを固定している六角ボルトのカバー

BMWのブレーキキャリパー裏の六角ボルトカバーを取り外した

すると、六角ボルト(7mm)が見えてきますので、六角レンチを使って2箇所とも緩めていきましょう。

BMWのブレーキパッド交換でキャリパーボルトを7mmの六角レンチで緩める

BMWのキャリパーを固定している六角ボルトを緩めたところ

BMWのキャリパーを固定している六角ボルト

【STEP5】ブレーキキャリパーとブレーキパッドを取り外す

2箇所とも六角ボルトを取り外すことができたら、マイナスドライバー等を使いながらこんな感じでブレーキキャリパーを取り外すことができます。

BMWブレーキキャリパーの六角ボルトを取り外した後

BMWのブレーキキャリパーを外す

BMWのブレーキキャリパーを取り外した後2

ブレーキキャリパーにはディスクローター裏側のパットが一緒にくっついて外れてきます。

なお、表側のブレーキパッドも簡単に取り外すことができます。

BMWブレーキパッドを交換で取り外す

自分でBMWのブレーキパッドとローターを交換する方法

ブレーキキャリパーは結構重たいものですので、そのままブレーキホースでぶら下げているとブレーキホースに負荷がかかります。

適当な紐などでサスペンションに吊り下げておくなど、うまくブレーキホースに負荷がかからないような工夫をしておきましょう。

これでブレーキパッドを取り外すことができました。

次からはブレーキローターの交換作業に入っていきますので、ブレーキパッドのみ交換の場合は、この後STEP11(7ページ目)から読み進めていってください。

>>【STEP11】新品のブレーキパッドにグリスを塗布する(7ページ目)

【STEP6】マウンティングブラケットを取り外す

次は、マウンティングブラケットという金具を取り外していきましょう。

ディスクローターの裏側を覗き込むと、16mmボルトが2本見えてきます。

BMWのマウンティングブラケットを固定している16mmのボルト

16mmのメガネレンチを使ってそれらを取り外すと、マウンティングブラケットが外れます。

BMWのブレーキローター交換では16mmのメガネレンチが必要

BMWマウンティングブラケットを取り外したところ

BMWのマウンティングブラケットを取り外したブレーキローター

これでようやくディスクローターの周りがスッキリしましたね。

【STEP7】ディスクローターを取り外す

ここからは、ディスクローターを取り外していきます。

BMWのディスクローターは、5mmの六角ボルトを緩めるだけで、簡単に取り外しができるようになっています。

BMWのブレーキローターを取り外すための6mmの六角ボルト

BMWのブレーキローターを固定している六角ボルトを取り外した

BMWのブレーキローターを取り外したところ

ここがようやく作業の折り返し地点で、次からは新品のディスクローターやブレーキパットを取り付けていくことになります。

ここまでくれば後はもう一息ですので、頑張っていきましょう。

次のページでは、BMWのブレーキパッド&ローター交換手順STEP8~11についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました