BMWのリアバンプラバーを自分で交換する方法(E85、z4編)

BMWのリアバンプラバーを交換する具体的な手順

ここからは、BMWのリアバンプラバーを交換する具体的な手順についてお話していきます。

【STEP1】トランク内の内装パーツを外す

Z4のリアショックの上部のナットにアクセスするためには、トランク内の内装パーツを取り外しておく必要があります。

まず、幌とトランク仕切り板(黒色、プラスチック製)を切り離します。

トランク内のプラスチック製の仕切り板とホロを切り離す

こんな感じで手で簡単に仕切り板から幌を引き剥がしていくことが出来ます。

次に、仕切り板を止めているプラスチック製の止め具(左右2箇所づつ)をつまんで取り外しておきます。

仕切り板を固定しているプラスチックパーツ

仕切り板を固定しているパーツをつまむ

このパーツをつまむと車内側にポーンと飛んでいってしまいますので、仕切り板を取り除いた後に回収しておきます。

仕切り板を止めていたプラパーツ

このプラスチック製の止め具を4箇所外すことが出来たら、こんな感じで仕切り板を取り外すことが出来ます。

仕切り板を取り外しているところ

取り外した仕切り板

次に、仕切り板を上下させるためのパーツを固定しているナットなどを、10mmのメガネレンチとT27のトルクスを使って取り外していきます。

仕切り板を上下させるためのパーツ

10mmのメガネレンチで内装パーツを固定しているナットを緩める

Z4内装パーツを取り外す際に使うトルクス

なお、このパーツは上側からも内張りクリップで固定されているので、それも外していきましょう。

仕切り板を上下させるパーツを固定している内張りクリップ

内張りクリップの芯を引き抜いたところ

内張りクリップを取り外した

これでようやく仕切り板を上下させるパーツを取り外すことが出来ます。

仕切り板を上下させるためのパーツを取り外した

リアショックの上部が見えている

これでようやくショック上部にあるナットにアクセスすることが出来ます。

【STEP2】ホイールを外す

次は車体をジャッキアップしてホイールを取り外し、サスペンション下側の作業スペースを確保していきましょう。

BMWのリアタイヤをトルクレンチで取り外す

BMW車のホイールを固定しているボルトは17mmのソケットが合いますので、それを使ってホイールを外していきます。

BMWZ4のリアバンプラバーを交換するためにジャッキアップ

【STEP3】アームの下にジャッキを当てる

ジャッキでリアの足回りを支える

次はリアアームの下に軽くジャッキを当てておき、アームが下に垂れ過ぎないようにしておきます。

次のページでは、BMWのリアバンプラバーを交換する具体的な手順STEP4~6についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました